インプラント|初台で評判の痛くない歯医者【初台デンタルオフィス】

インプラントについて

Implant

当院におけるインプラント治療の特徴

特徴1.日本口腔外科学会認定医による高度な治療技術

イメージ画像

当院の院長は日本口腔外科学会認定医ですので、他院で「あごの骨が少なくなっているので、インプラントはできない」とインプラント治療を断られたような難症例の方でも、GBRやサイナスリフトなどの高度な骨造成手術を併用し、インプラント治療を行うことができる可能性があります。歯周病や虫歯の悪化により、一度、歯を抜いてしまいますと、顎の骨への刺激が少なくなることや、入れ歯などによる圧迫により、顎の骨が薄くなってしまう傾向があります。 そういった経緯で顎の骨が薄くなった患者さまでも、顎の骨を補うことによって、インプラント治療が可能となる場合があります。

特徴2.痛みの少ないインプラント治療

イメージ画像

インプラント治療は、「痛い・怖い」というイメージを持っている患者さまが少なくないと思いますが、当院では、なるべく痛みやストレスを感じさせないよう、細心の注意を払っています。

治療前の麻酔には電動麻酔器を使用し、電動麻酔器を使用する前には、表面麻酔も行います。

さらには、極細の注射針を使うことや、最も痛点が少ない箇所に針を刺入するといった工夫もしますので、極力痛みを感じずにインプラント治療を受けていただくことが可能となります。

特徴3.徹底した治療後のサポート

イメージ画像

当院では、インプラントが長く健康に保ち続けられるように徹底的にアフターケアのサポートを行います。 インプラントは基本的に虫歯にはなりませんが、手術後にメンテナンスをせずに放置し続けたり、手入れが悪かったりした場合、インプラントが歯周病になることで、最悪の場合インプラントを除去しなければならなくなってしまったり、再手術しなければならない可能性も出てくることがあります。
治療後は、歯科医院での定期的なメンテナンスが必要です。
当院では、十分なアフターケアを提供するため、担当歯科衛生士による専門的なメンテナンスを行っており、歯周病や炎症といった病状から患者様の歯を守ります。
また定期的なメンテナンスは、初期症状の虫歯を早期発見・治療を行うことができることや歯周病を未然に防ぐことができるなど、インプラント以外にもたくさんのメリットがありますので、当院では定期メンテナンスを患者様におすすめしております。

インプラント治療の流れ

Flow of treatment

① 問診

患者様のお悩み、ご要望などをお聞きしたり、全身状態等の確認をし、インプラント手術が出来るかどうか問診していきます。 全身疾患などをお持ちの患者様には、かかりつけの病院に手術が可能かどうかなどの確認(対診)が必要になることがあります。

② 診査診断

口腔内の検査、歯型取り、レントゲン、CT撮影を行い、総合的に診査診断をし、インプラント手術のプランを立てていきます。清掃状態が悪い場合はインプラントの成功率も下がってしまうので、お口の中の状況が改善してから手術は行っていきます。

③ 手術

1. 麻酔をします
2. 歯肉の切開を行い、歯肉を剥離し骨を露出させます
3 ドリルでインプラントを入れる窩を形成していきます
4. インプラントを埋入します
5. 歯肉を縫合して終了となります
※ 骨造成やソケットリフト、サイナスリフトなどの特殊な手術を行う場合は、方法が変わってきます。

④ 手術後の消毒

通常、手術の翌日に来院していただき患部のチェック、消毒をします。

⑤ 抜糸

手術の10~14日くらいで縫合した糸をとります。

⑥ 二次手術

インプラントが骨と結合(2~9ヶ月)しましたら、インプラントを埋入したところを切開し、一次手術の際につけたキャップをヒーリングアバットメントと呼ばれる丈の長いパーツに替え、粘膜から出すようにし縫合していきます。

⑦ インプラント仮歯セット

二次手術後歯肉が安定したらインプラントの仮歯をセットします。

⑧ インプラント上部構造セット

インプラントの仮歯で安定したら型取りをし、最終的な被せ物をセットします。

インプラント治療メリット

メリット1. 普通の歯のように噛むことができます。

よく入れ歯と比較することが多いのですが、入れ歯は異物を口の中に入れますので違和感が非常に大きくなります。噛む力はインプラントと入れ歯では比べ物にならないくらい、インプラントの方が優ります。

メリット2. 残っている歯の負担を軽減します。

インプラントを入れることよって普通の歯のように負担を背負うことができるので、他の歯を守ることができます。もし歯を一本でも失うと、機能する歯が少なくなりますので残っている歯の負担は大きくなり、残っている歯がダメになるスピードも加速します。

やがてどこかの歯がダメになり、他の歯もダメになり・・・の悪循環になるのでゆくゆくは大きい入れ歯になります。インプラントをいれることでその悪循環を食い止めることができます。

メリット3. 隣りの歯を削らなくて済みます。

ブリッジと比較することが多いのですが、ブリッジは欠損部の両隣の歯を削ってその小さくした歯を使って欠損部にダミーの歯を作っていきます。それに対してインプラントは単独で機能させることができるので、隣りの歯を削らなくてすみます。残っている歯にとっては非常に優しい治療です。

インプラント治療デメリット

メリット1. 費用がかかります。

保険の適応外なので費用がかかります。

メリット2. 期間がかかります。

ケースにもよりますが、歯を抜いてから約2か月後にインプラントを埋入し、その後骨とくっつくまで2~6か月待ち、その後二次手術、被せ物の作製となりますので、全体で半年~1年くらいはかかります。

メリット3. 手術が必要になります。

インプラントは骨に埋入しますので歯肉を開く手術が必要になります。もちろん痛みについての配慮はしますが侵襲性はゼロではありません。

インプラント寿命について

インプラントのもちについて

人工物なのでこのくらいはもつという絶対はありません。しっかりとメインテナンスすれば長く使うことができますが、メインテナンスをおろそかにするとインプラントが歯周病になってダメになるということがあることも現実です。 ただメンテナンスさえしっかり行えれば一生持つ可能性も十分あります。

破損の際の保証については?

インプラント体に関しましては10年保証になります。2年毎に負担割合が変わります。 上部構造(被せ物)は通常のクラウンと同じで2年保証、10年まで一部保証となります。 ただし、定期的に検診に来ていただくのが条件になります。

症例集

Case

インプラントの症例01

治療前の写真 治療後の写真
主訴
インプラント治療希望
治療期間
約8ヶ月
治療費
400,000円
治療内容
歯を失ってしまったところにインプラントにより歯をつくりました。インプラントはブリッジや入れ歯と比較して、噛む力も強く、隣りの歯を守る効果もあります。
治療のリスク
将来的にインプラント周囲炎になる可能性があるため、定期的なメンテナンスが必要になります。

インプラントの症例02

治療前の写真 治療後の写真
主訴
歯が折れた
治療期間
1年
治療費
400,000円
治療内容
事故で歯を失ってしまったところにインプラントにより歯をつくりました。インプラントはブリッジや入れ歯と比較して、噛む力も強く、隣りの歯を守る効果もあります。隣りの歯は、根管治療を行いセラミックによる被せ物による治療を行いました。
治療のリスク
将来的にインプラント周囲炎になる可能性があるため、定期的なメンテナンスが必要になります。

当院について

About Clinic
診療時間
9:30~13:00 ※1
14:30~19:00 ※2

休診日:金曜・日曜・祝日
※1 祝日のある週は診療します。
※2 土曜は17:00まで

交通アクセス

〒151-0071 東京都渋谷区本町2-19-1 ディスカス若杉1F

電車 京王線初台駅徒歩9分

PAGETOP