診療案内|初台で評判の痛くない歯医者【初台デンタルオフィス】

 

矯正歯科について

Orthodontics

矯正治療は子供のための治療というイメージをお持ちの方も多いかと思います。
しかし、健康な口腔内環境があれば、年齢に関係なく治療を受けていただくことが可能です。

初台デンタルオフィスでは、患者様の生活スタイルに合わせ、ご要望に沿った治療方法がご提案できるようさまざまな矯正装置をご用意しております。特に人前に出る機会の多い方など目立つワイヤーの矯正装置に抵抗のある方には、透明のマウスピース型の矯正装置もございますので、人目を気にすることなく矯正治療を受けていただくことも可能です。

当院では、初回のカウンセリングを無料で行っております。
日頃から気になるお悩みを聞かせていただき、患者様に最も適した治療方法をアドバイスさせていただきますので、まずはご相談にいらしてください。


当院の矯正治療の特徴

①目立たない、痛みの少ないマウスピース矯正

マウスピース矯正とは、ワイヤーやブラケットを使用せず、マウスピースを決められた時間装着することで歯を動かす治療方法です。

矯正治療は長い年月をかけて歯に力を加えて動かしていくため、長期間矯正装置を付ける必要があり、治療を躊躇する方もいらっしゃいます。「矯正していることを周囲に気付かれずに治療ができたら」と願う方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方にお勧めなのが、マウスピース矯正です。

マウスピースは透明で薄い素材でできているため、装着していることが分かりづらく、女性や人前で話をされる職業の方に人気があります。
マウスピースは患者様の歯並びに合わせてオーダーメイドで作製するため、違和感なくフィットして就寝時にも装着していただけます。また患者様ご自身で取り外していただけるため、食事やブラッシングの際も装置を気にすることなく、いつも通りの生活を過ごしていただけます。

②日本矯正歯科学会認定医が在籍なのでマウスピース矯正以外も対応可能

歯列の凹凸が大きい場合や重度の不正咬合の場合は、小さな力で移動するマウスピース矯正は適応できない場合があります。ワイヤー矯正であれば、部分的に歯を動かして先にスペースを設けるなどの治療が可能ですので、重度の場合はワイヤー矯正が必要となります。

初台デンタルオフィスでは、矯正専門医(日本矯正歯科学会認定医)が在籍しておりますので、大学病院や矯正専門の歯科医院と同じレベルでの矯正治療が可能です。

③できるだけ歯を抜かない、子供のマウスピース矯正

初台デンタルオフィスでは、子供用のマウスピース矯正装置である「プレオルソ」を導入しております。

まだ骨の軟らかい6歳~10歳の時期に使用することで歯並びの改善ができ、将来的に歯を抜いてワイヤーの矯正を行う可能性を少なくすることもできます。また、固定式の装置は違和感や痛みが強いですが、マウスピース式のプレオルソはほとんどそれがありません。

大人の矯正治療について

Adult

矯正の種類

マウスピース矯正

以前は矯正治療といえば、金属のブラケットに金属のワイヤーを固定する方法がほとんどでした。現在では、より目立ちにくい装置も多く作られています。
マウスピース矯正はそのような新しい治療方法の一つです。まず始めに歯型をとり、それを基にマウスピースを作製します。少しずつきれいな歯並びになるように、定期的にマウスピースを交換していくだけで治療を行うことが出来ます。

当院では、数あるマウスピース矯正システムの中でも世界100カ国以上の国々で実績を得ているインビザライン・システムを採用しております。

インビザライン

矯正治療は歯に弱い力を加え、少しずつ動かしていく必要があり、そのため治療期間が長期におよぶことが多くなります。長期間矯正装置を付ける必要があり、特に金属の装置は目立つため、治療を躊躇する方もいらっしゃると思います。矯正していることを周囲に気づかれずに治療ができたらと願う方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方にお勧めなのが、インビザラインです。 

インビザラインは透明のマウスピース型の矯正装置です。始めに歯型をとり、完成した マウスピースを定期的に取り替えて歯を動かしていきます。取り外しが可能なため、食事や歯磨きのときは外して、装置のことを気にすることなく過ごすことができます。

インビザラインの4つの特徴
①目立ちにくい

金属ワイヤーとブラケットによる矯正は、装着しているのが一目瞭然でした。マウスピース矯正は薄く透明なマウスピースを使用するため、装着していても気づかれることはほとんどありません。

②簡単に取り外せる

通常のワイヤー矯正治療では、装置を外すことはできませんが、マウスピースであれば、患者様ご自身で脱着ができます。ブラッシングの際は外して、装置を気にせず歯を磨くことが出来ますし、食事の際も外してストレス無く食べることができます。

③装着時の違和感が少ない

マウスピース型は『歯の部分だけ』を覆う形となっているため、装着時の違和感が少ないです。

④通院回数が少ない

当院で採用しているインビザライン・システムは、治療終了時までに必要なすべてのマウスピースを、治療前に作製します。そのため、他のマウスピース矯正に比べて歯型取りの回数が少なくなります。

インビザラインのデメリット

治療前にすべてのマウスピースを作製するため、大きな虫歯の治療などにより歯の形が変わる治療は、マウスピース作製前に全て治療をしておかなければなりません。(矯正治療とは別に治療費がかかります)

患者様ご自身の意識を高く保っていただき、マウスピースをつけ続けないと歯が動きづらく結果が出ません。

インビザラインは比較的症状が軽い場合に適応しやすい治療法ですので、歯列の凹凸が大きい場合や重度の不正咬合の場合は、小さな力で移動するマウスピース矯正は適応できません。ワイヤー矯正であれば、部分的に歯を動かして先にスペースを設けるなどの治療が可能ですので、重度の場合はワイヤー矯正の適応になることがあります。

インビザラインの料金表
矯正相談 無料
診査診断 ¥5,000 + tax
矯正費用 ¥750,000 + tax

インビザラインのよくあるご質問

インビザラインの治療と並行してオフィスorホームホワイトニングもできますか? (できる場合金額も記載してください)

可能です。オフィスホワイトニングは特に問題ありませんし、ホームホワイトニングの場合もインビザラインのマウスピースに薬液を入れることでホワイトニングが可能になります。

オフィスホワイトニング1歯 ¥700+tax
(最低上下6本ずつからになります)
ホームホワイトニング薬液1本 ¥2000+tax

1日どのくらいの時間装着すれば良いですか?

1日20時間以上の装着を守るようにしてください。自由に脱着が可能であることで、決まった時間装着を忘れたり、就寝時に外れたりすることがあり得ます。そういったことがあると、計画通りの治療ができませんので必ず装着時間を守るようお願いします。

治療期間はどのくらいですか?

歯は力を与えると、歯周組織の吸収と再生を繰り返しながら、移動していきます。矯正治療はその働きを利用したかみ合わせ治療です。ゆっくりと歯が移動するため、期間は長くなります。一般的には1年~2年半かかります。ご相談にお越しいただければ、治療期間についてもご説明いたします。ぜひ当院へお越しください。

治療に年齢制限はありますか?

歯は健康であれば、年齢に関係なく動かすことが出来ます。そのため、年齢制限はありません。大人の矯正の場合は成長という要素がないため、治療計画が立てやすく、また、患者様ご自身の意志で治療を受けられていることがほとんどですので、治療の遅れなども起きにくいのも事実です。

他院でインビザラインでは対応できないと言われたのですが、、。

インビザラインの適応症は広いですが、比較的症状が軽い場合に適応しやすい治療法ですので、歯列の凹凸が大きい場合や重度の不正咬合の場合は、小さな力で移動するマウスピース矯正は適応できません。ワイヤー矯正であれば、部分的に歯を動かして先にスペースを設けるなどの治療が可能ですので、重度の場合はワイヤー矯正の適応になることがあります。

 

ブラケット矯正

歯にブラケットを付け、そこにワイヤーを通して歯を動かすスタンダードな装置です。

★ブラケット矯正の特徴

ブラケット矯正では、部分的に歯を動かして先にスペースを設けるなどの治療が可能ですので、歯列の凹凸が大きい場合や重度の不正咬合にも適応することができます。

部分矯正

1本〜数本の歯並びを改善する矯正方法が「部分矯正」です。
前歯が1本だけ傾いていたり、歯と歯の間に隙間があったり、歯並びが少し歪んでいるような場合に1本〜数本の歯を整えてあげる比較的簡単な矯正です。

前歯が1本だけ傾いてる、歯が少し重なっている…といった悩みを持っている方は多いのではないのでしょうか?
そうした症状に適しているのが「部分矯正」なのです。
「歯並び」の印象は「前歯」で決まります。患者さまの症状により、部分矯正ではなく、全体矯正で治療する必要がある場合もありますが、 かみ合わせに問題がなく、ちょっとした前歯の乱れを直すのであれば部分矯正で治療可能です。
「部分矯正」にご興味のある方はぜひご相談ください。

部分矯正の特徴
1. 治療期間が短い

歯全体の矯正と比べて歯を動かす距離が短いので矯正装置をつけている期間が短くなります。

2. リーズナブルな治療費用

装置をつける範囲および期間が短くなりますので、その分費用を抑えて矯正治療を行うことができます。

部分矯正のデメリット
1. かみ合わせの問題は解決できない

部分矯正では気になる歯の部分のみを動かしますので、かみ合わせの問題を解決することはできません。

2. 重度の歯列不正、骨格的な問題があるケースには対応できない

重度の叢生(ガタガタ)や骨格的な問題がある場合には対応できないことがあります。

部分矯正の料金表
矯正相談 無料
診査診断 ¥10,000 + tax
矯正費用 ¥150,000 ~ 350,000

こどもの矯正治療について

Kids

永久歯へ萌え変わった後、良い咬み合わせを獲得する為に、成長を見込める子供の時期からできることをしておくのが目的となります。身体の成長とともに、発音などの機能の発達も視野に入れた治療を行っていく必要があります。ご本人は勿論、親御様のご協力も必要となるのが子供の矯正です。

子供の矯正を始めるのは6歳臼歯萌出時期がベストですが、心配になったらいつでもご相談ください。

こども歯並び矯正法 プレオルソ

プレオルソとは

イメージ画像

生えかわりの時期の小児だからできる「取り外し式マウスピースで行う」「歯を抜かない」「殆ど痛くない」矯正です。

大人の歯に生えそろってからでは、スペースが足らずに歯を削ったり、抜いたりしないと綺麗に並ばないことが殆どですが、小児の時期に歯が生えかわる事と、顎の骨の成長を利用して「抜かずに・無理なく」できるマウスピース式矯正です。

プレオルソの4つの特徴

① 日中は取り外し可能のため快適

従来の矯正のようにワイヤーやブラケットなどの固定装置を使用しないため、頬の内側や唇・舌などの粘膜を傷つけることがありません。
取り外し式の場合、痛みや違和感が殆どありません。

② ストレスなく食事ができる

マウスピースは取り外し可能なので食事の後は歯磨きで隅々までしっかりと磨く事ができます。
食事の時にも従来の固定式矯正装置のように食べ物が装置に挟まる事がなく、何でも好きな物を食べられて栄養も十分取れます。

③ 金属アレルギーの方も安心の柔らかい素材

医療用ポリウレタンの製品なので、金属アレルギーの方でも安心してご利用できます。ポリウレタンは柔らかく、装着感も非常に良いので子供も嫌がらずに使う事が出来ます。

④ 既製品のため、安価に矯正治療が可能

プレオルソは毎回歯並びに合わせて長い時間調整していかないといけないわけではなく、プリフォーム(既製品)なので、治療品もリーズナブル。お父さんもお母さんも安心。

こんな歯並びのお子様に

出っ歯 でこぼこ 受け口
出っ歯
でこぼこ
受け口

プレオルソの使い方

通院時:必ず装置を持参してください。

ご自宅:日中1~2時間、装置を入れ、口を閉じたり話をする練習をします。就寝時:装置を入れたままの状態で寝ます。

プレオルソによる矯正治療にご興味のある方はぜひご相談ください。

プレオルソについて詳しく見る

プレオルソの治療期間

1年~2年。
その後、永久歯萌出完了まで定期的に経過観察をします。

プレオルソの料金表

矯正相談 無料
診査診断 ¥5,000 + tax
矯正費用 ¥100,000 + tax
装置新製 ¥10,000 + tax

日本矯正歯科学会認定医
による矯正治療

Japanese Orthodontic Society

当院には日本矯正歯科学会認定医が在籍しておりますので、
重度な歯列不正などマウスピース矯正では困難な症例にも対応が可能です。

料金表 (矯正認定医による治療の場合)

矯正相談 無料
診査診断 ¥30,000 + tax
子供の矯正 ¥50,000〜300,000
大人の矯正 ¥650,000 ~750,000
(※子供の矯正を行った方はその差額分で行います。)
部分矯正
(1~2本程度までの歯を動かす場合)
¥150,000~ 350,000
矯正調整料
(1か月に1回程度)
¥5,000
保定装置
(後戻りを防ぐ装置)
¥25,000
(1つにつき)
経過観察料
(3か月に一回程度)
¥3,000

矯正治療の流れ

Orthodontics

① カウンセリング

歯並びやかみ合わせのお悩みについてお伺いします。
お悩みの点についてご要望などをお聞きしながら、どのような矯正治療の方法、進め方が良いかを一緒に考えていきます。

② 精密検査

お顔とお口の写真、レントゲン写真撮影、歯型などをとらせていただきます。それらの資料を分析し、治療の方法を検討します。
マウスピース矯正の場合は3次元シミュレーションを通じ、コンピュータ画面上にて、治療完了にいたるまでの総合的な治療計画の立案・検討を行う「クリンチェック」を行います。

③ 検査結果のご説明診断

分析した検査結果についてご説明いたします。治療方法や治療期間、費用など詳しくご説明いたします。
マウスピース矯正の場合は、マウスピースを作製するための歯型をお取りします。

④ 治療開始

治療方法についてご納得して頂ければ治療開始となります。
マウスピース矯正の場合は、初めは10日から2週間に一度来院して頂き、歯の動きの確認やマウスピースの使用状況の確認を行い、新しいマウスピースをお渡しします。問題がなければ1~3ヶ月に一度の来院となっていきます。
ブラケット矯正の場合は約1か月に一度来院していただきワイヤーの交換や調整を行います。
また、矯正治療中は装置を装着する関係で虫歯になりやすくなるため、歯磨き指導およびクリーニングを矯正治療と並行して行います。

⑤ 保定

歯を動かした後、歯が元の位置に戻らないように固定をします。
動かした期間にもよりますが、 数か月から数年かかることもあります。保定期間中は1年に3回前後の来院となります。

 

当院について

About Clinic
診療時間
9:30~13:00
14:30~19:00
休診日:金曜・日曜・祝日
※土曜午後17:00まで

交通アクセス

〒151-0071 東京都渋谷区本町2-19-1 ディスカス若杉1F

電車 京王線初台駅徒歩9分

PAGETOP